どのスタンスで働く?

今後あなたが家庭教師をする場合、まずはアルバイトからスタートすることになると思います。その際には派遣会社に勤めることになるでしょう。家庭教師のアルバイトは大体時給1000円くらいに設定されているので、正直そこまで良い給料だとは言えません。なので出だしはあくまでも副業というスタンスで捉えておくべきだと断言します。ただ、もちろんある程度長く家庭教師をしていると、必ず時給が上がるようになります。最大で2000円くらいまで上がるので、ここまでくればそこそこ安定した生活を実現できるでしょう。ただし、上限まで給料が上がってしまうと、ある日突然今の給料に物足りなくなってしまいます。そうなるとなかなかモチベーションも続かなくなってしまうので、そのうち仕事をサボりだしたりするクセがつくようになるはずです。なので給料が上限まで行ったら、個人契約として家庭教師の仕事を1から始めてみてください。個人契約というのは会社に属さない家庭教師のことを言い、わかりやすく言い換えるとフリーランスみたいなものです。なので自分で給料の金額を決めることができます。個人契約ならさらに飛躍して自分の給料をアップすることができるでしょう。一応個人契約として家庭教師をすることはいつでも可能ですが、実力がない状態から個人契約として働くと、アルバイトとしてもらえる給料より収入が低くなってしまいやすくなるので、まさに実力者だけが個人契約という形で仕事をすると得をするようになります。